子供を持つすべての父母へ

扇山

大切な家族

子供を持つ父親の立場から

2013年の冬の事です。
妻の夜の外出で喧嘩になり、
お互いになじり合ってしまったのは。

あれほどの大喧嘩は初めての事でした。

翌年、妻の不倫が分かり11年の結婚に
終止符を打ちました。

離婚してからしばらくして子供達とは
会えなくなり久しぶりに会えた時の事は
今でも忘れません。

このブログは、離婚して離れて暮らす
子供達の為、父親として何が出来るのか、
精一杯考えた僕と子供達の
成長の記録です。

このブログを書こうと決めて子供達の事を
考えた時、自分の中ではっきりしてきた事があります。

それは、

父親としての責任を果たさなければならない事

離れて暮らすからこそ責任を全うしたい事

自分の人生を生きなければならない事

離婚の1番の犠牲者は子供です。
両親の離婚を望む子供なんか本当はいないのです。
夫婦の身勝手な決断で1番傷ついているのは子供達

辛い気持ちにさせた子供達に父親として
母親として出来る事はなんなのか、
真剣に考えなければいけないと心から思うのです。

僕は子供を持つ父親の立場から
離婚や子供との関係を考える時の
良いきっかけになればと思い
このブログを書くことに決めました。

離婚は人生の終わりじゃありません
子供達の人生はこれからもずっと続きます。
僕の人生も続いていきます。

離婚で悩んでる人
全ての父親そして母親にも読んで欲しい。

このブログで1人でも多くの
離婚で苦しむ子供を
救えたら嬉しい

子供達と初めて出会った日

僕には3人の子供がいます。
幸運な事に3回の出産に立ち合う事が出来ました。

この時の事は一生忘れません

こんなにかわいい子の父親にしてくれた
妻に感謝したのを今でも覚えています。

子供達とはいつも一緒の布団で寝ていました。
2組の布団を並べて子供達3人と妻と僕みんな同じ布団。

朝起きたら長男は窓の方に、
次男は僕の股の下に
長女は妻のおなかの上に。

みんな寝相が悪く、起きてから
子供達を見てよく妻と笑い合いました。

そんな子供達と生活したのは、
長男が小学5年までの10年間

今では長男は高校3年生、
次男は高校1年生、長女は中学2年生です。

離婚してからもう8年になろうとしています。
僕が子供達を思い出すときは、いつも
一緒に生活していた小学生の頃の子供達の姿です。

離婚して離れて暮らすようになって
初めて気づいた事そして、今でも変わらないのは
子供達の存在の大きさです。

僕にとって子供達は
大切な大切なかけがえのない存在。

あの子達の父親になれた僕は
世界一の幸せものなのです。

離婚して気づいたこと

僕が今、子供達と会えるのは
1年に1回~多くて2回。そして3時間程度。

この前会えたのは今年の夏です。

この時は偶然で元妻の母親が入院したとのことで
急遽、夏休みに九州に帰省してきたからです。

新型コロナで大変な世の中ですが、
感染拡大が少しおさまっていたのも幸運でした。

1年ぶりに会う子供達は元気で
部活動の話や学校の成績の話、
友達の話などいっぱいしてくれました。

離婚で転校や養父ができたりと
子供達には想像もつかない経験をさせて
しまいましたが子供達は今では
自分達の世界があり元気でやってるように見えました。

離婚して気づいたことがあります。

それは、別れる理由は何であれ
その離婚が良かったかどうかは
その後の
生き方で決まる
ということです。

もちろん、夫婦円満で一生終えられるほうが
いいに決まってます。

でも、離婚したという事実がある以上
前を向くしかないのです。

不倫されたり裏切られたりして
その罪を償ってもらっても
誰の人生も豊かになりません。

僕は父親として、元妻は母親として
子供達の事を真剣に考える事の方が
人生は豊かになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
宝物
幸せもの
1975年7月31日生まれ。子供達と離れて暮らす父親。離婚後数年して元妻が再婚。平成30年4月に子供達は遠方へ行ってしまいました。子供達が困った時の灯台になる為、日々奮闘中。[家族] [子供] [資産形成]について発信します。家族について悩んでる人や離婚後の生活について困ってる人のお役に立てれば幸いです。