離婚しても前向きに生きる

秋の山

大切な家族

離婚に必要なエネルギー

よく言われますよね。
結婚を決意する時より
離婚の時の方がエネルギーがいる
って。

本当にそのように思います。

僕は結婚する時以上に
悩み、もがき苦しみました。
今も悩み続けています。

不信→不安→絶望→怒り→
悲しみ→寂しさ

離婚を考え始めて
親権の調停を終えるまで
こんな感情の移り変わりを
経験しました。

1人での生活になってから嫌でも
自分を見つめなおす事になります。

周囲は言いました。
独身は自由だって。

でも、そんな綺麗ごとでは表せない
現実が待ってるんです

今は、そんな辛さを乗り越えて
強くなったように思います。

前よりは人の気持ちを理解するよう
努力できるようになれたし
優しくもなれました。

離婚してもやれる事を1つ1つ
やればいい。

子供達を忘れることではなくて
子供達にこれからどんな
父親の姿を残していくのか。

離婚した時のエネルギー以上の
パワーをこれからの人生に
注ぎ込んでいきます。

離婚後の自分の人生との向き合い方

離婚してよく思うのが、
ありきたりですけど
人生思ってるほど長くない
という事です。

恋愛、仕事、結婚、離婚……。
いろんな事があるけど
全てを自分の思い通りに
手に入れられるほど
人生甘くありません。

だからこそ、やりたいことだけを
選んでやりたい。

今、大切に思う事は
もちろん子供達のこと。
そして仕事と新たな人との出会い。

どれも僕の人生を
幸福にしてくれるもの。

つくづく思うのは
離婚して辛かった事も
子供達の事で悩んだことも
全て自分の為になっているという事

離婚したことを一層プラスの
エネルギーに変えて
生きていきたいと思います。

チャレンジする事が大切

人生楽しまないと
損ですもんね

娘の小学校最後の運動会

娘の小学6年生の時の運動会は
忘れられません。

もう元妻が再婚して娘も一緒に
遠方へ行っていたので予定を立てるのが大変でした。

運動会は日曜日で
仕事の休みは日曜日のみ。
前日の土曜日が休みなら
良かったんですが。

前日の土曜日の夕方19時の
フェリーに乗って
翌日日曜日の朝に到着。それから、
レンタカーを借りて娘の通う
小学校へ1時間程度。

運動会が15時ぐらいに終わりそれから
レンタカーを返しフェリー乗り場へ。

翌月曜日の朝、フェリー到着後
そのまま出勤という
超ハードなスケジュールでした。

でも、こんな苦労も苦労
ではないですね。
娘の頑張ってる姿を見れたので。

運動会のプログラムがないので
近くの家族の人にプログラムを
忘れたとごまかしてスマホで
画像を撮らしてもらいました。

娘の出る競技の合間には
解放されている校舎に入り
娘の教室を見学しました。

娘の書いた習字や遠足の絵を見て
感動しました

親の離婚、そして元妻の再婚で
転校させてしまって苦労かけた娘。

僕も転校の経験があります。
転校する日が近づくにつれて
不安で怖かったのを覚えてます。

だからこそ、
娘の転校先での姿を見て
とにかく安心しました

本当に行って良かったと思います。

午前中に娘が僕の姿を見つけた時、
なんでパパがいてるの?
びっくりした様子は忘れない

お昼休憩の時に一言だけ言葉も交わせたんです。

「パパ来たからな!頑張れよ!」って
娘は「うん!」って

たったこれだけの会話。

でも僕たち親子はこれでいいんです。
多くを語る必要はない

娘の安心した姿を見ただけで十分です。

娘はあの時どう感じて
くれたんだろうか。
娘が大人になった時
聞いてみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
宝物
幸せもの
1975年7月31日生まれ。子供達と離れて暮らす父親。離婚後数年して元妻が再婚。平成30年4月に子供達は遠方へ行ってしまいました。子供達が困った時の灯台になる為、日々奮闘中。[家族] [子供] [資産形成]について発信します。家族について悩んでる人や離婚後の生活について困ってる人のお役に立てれば幸いです。