離婚から立ち直る

道路と山

あきらめてこそ前に進めた

自分が離婚を望んでなくても
相手が強く離婚を望んだ時は
どうすればいいんでしょうか?

これネットでよく聞かれます。

残念ながらどうする事も出来ない
としか答えようがないんです。

夢や希望は決してあきらめるなと
よく言われます。

でも夫婦の場合は男と女です。
離れていく気持ちを変える事は

出来ない

お互いの気持ちをじっくりと
伝え合い出会った頃を思い出して
関係を修復する努力は必要ですが、
最後は苦しい選択ですが、
あきらめるという事も
必要です

違う見方をすればあきらめたからこそ
ふんぎりがついて新しいスタートが
できるのです。

元妻には離婚と元妻の再婚の時に
拒絶される中、必死でもがいて
なんとか子供の幸せだけは
守らないとと自分の気持ちを
必死で訴え続けました。

僕が必死になればなるほど、
状況が悪くなっていきました

人の心というのは
他人にはどうする事も
できないんですね。


離婚を受け入れる勇気

離婚は悪い事なんでしょうか?

今の僕は、そうは思っていません。

世間では失敗と言われますが、
当人同士が明るい未来を切り開く
きっかけになる事もあります。

離婚が良いか悪いかなんか
第三者が決める事ではありません

それは、その後の
本人の
生き方次第でいくらでも
変えられるから。

僕と元妻は夫婦としては
失敗に終わったかもしれません。

でも、親としては失敗ではないんです。

子供達は立派に成長しています。
可愛い可愛い僕と元妻の子供達です。

離婚を受け入れるには長い時間が
必要でした。
でも、その時間があったから
今は子供の成長を遠くから
見守りながら自分の生活も
充実させれているのだと思います。

世間体なんか気にするな

世間体なんか気にしない事です

離婚した事は仕方のない事です。

他人の目を気にしたところで
そこからは何も生まれない。

悩んでもどうにもならない事は
考えない。

他人の顔色を見ながら生きていく
人生なんかもったいない。

子供と僕の人生はこれからです

僕は自分自身と
一生付き合っていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
宝物
幸せもの
1975年7月31日生まれ。子供達と離れて暮らす父親。離婚後数年して元妻が再婚。平成30年4月に子供達は遠方へ行ってしまいました。子供達が困った時の灯台になる為、日々奮闘中。[家族] [子供] [資産形成]について発信します。家族について悩んでる人や離婚後の生活について困ってる人のお役に立てれば幸いです。