離婚の時に決めておけばよかった……後悔してること3つ

後悔してること

 僕は夫婦不仲から最終的には元妻の不倫で離婚に至りました。元妻の実家がすぐ近くで、その近くに住むという事で深く考える事もなく元妻が親権者となり協議離婚はあっさりと決まりました。子供も生活環境を大きく変える事もなく、週末になれば私の家に来ていました。離婚により不自由を感じさせず安心していました。今思えば離婚する時には、もっと将来の事までじっくり考えて決め事はしておくべきだったんです。今日は私が離婚の時に元妻と決めた事。そして将来の為に決めておかなければいけなかった事を書きます。大切な家族

離婚の時に決めた事

  • 子供達を転校させない事
  • 子供達の苗字を変えない事
  • 子供達は自由に私のところに泊まりに来ても良い
    たったこれだけの決め事で離婚してしまった。今思えば元妻を母親として信じ切っていたんです。そして3人の子供がいる女性が恋愛したり再婚したりできないと思っていました。
    今時3人のシングルマザーと結婚する男もいないと思っていました。
    それが元妻は再婚して、しかも子供達は養子縁組され苗字も変わり遠方へ引っ越してしまった。全てはたった3つだけの決め事で簡単に離婚を受け入れた自分が甘かったと子供達には本当に申し訳ないと思っています。決めた事3つとも守られませんでしたが……

離婚時にお互い納得して決めた事は公正証書にしておくことを強くお勧めします。

離婚の時に決めておけば良かった事

養育費の金額

離婚当初は1人2万円で3人の子供達に対して6万円渡していました。再婚したと同時に調停で養育費は免除になりました。それでも子供達が中学生や高校生になると交通費や塾代など私に催促のメールがくるようになりました。養子縁組され普通の家庭を築いてるにも関わらず私にお金の要求をしてくることに納得がいかず断っていたのですが、そのうち子供に言わせるようになりました。義父はなんと言っているのかも分からない。不信感でいっぱいでした。私は子供に直接言われると無理とも言えず元妻にその金額を振り込みました。それがエスカレートして子供から連絡がくるとその都度振り込んでいます。今では子供の為のお金だからとなんとか工面して、あくまで子供達の為と思ってお金を準備しています。

お互いの再婚

子供が高校を卒業するまでお互い再婚しないように決めておけば良かった。法的にはそんな決め事はできませんが、二人の間でだけでも離婚時に約束させるべきだった。まさか、元妻が九州から兵庫の人と結婚するなんか予想もしませんでした。そしてまさか3人のシングルマザーを子供も含めて受け入れる男がいるなんか、当時の私には思いもよらなかったんです。元妻はその時、母より女として恋愛をしていたんでしょうね。結婚するなら子供達はおいていけ!とか結婚したいなら子供達が高校卒業してからにしろ!と僕もそうですが、元妻の身内も反対していました。しかし、それを押し切って遠方へ元妻は子供達を連れて行ってしまったんです。どうしてこの時、私が子供達を引き取れなかったのか。それは親権がなかったからです

親権

当時の私は親権はどうでも良かった。子供達が近くに住みいつでも会える。子供達からしたら家が2つあるようなもの。そんな安易な考えだった。そして親権は母親にあるのが普通と思っていた。私は離婚後の生活について全くの無知だったんです。だから今は本当に苦しんでいます。私に親権がない事で子供達に何もしてやれない、元妻の言いなりにならざる負えない事を全く知らなかった

これから離婚する人へ

 頑張ったけどそれぞれの諸事情でどうしても離婚しなければならない人に後悔してほしくない。そして親の離婚で不幸になってしまう子供が1人でも少なくなって欲しい。心からそう思います。その為に離婚するその時の状況だけで協議離婚してはいけません。お互いの新生活が始まると刻一刻と生活環境は変わります。子供も自分の世界が出来てきます。いろんなケースを想定して決めて欲しいです。僕が元妻の再婚を想定出来なかったのは本当に悔やまれます。1番戸惑ったのは子供達です。現に長男が転校が嫌で私のところに逃げるように来たのが証拠です。転校だけでなく母親の再婚も嫌だったかもしれません。 いろんなケースを想像してみてください。そして子供にとって何が1番大切なのか。できればその内容を公正証書にしましょう。それが離婚後の自分と子供のお守りになりますから。そして子供にとって最善の離婚が出来ればお互い離婚後も幸せになれるんじゃないでしょうか。最後まで読んでくれて有難うございます。それではまた!

2件のコメント

コメント失礼します。私の場合孫に会えなくなってしまっている状況で、息子が妻の不倫により離婚をし親権を渡してしまってとても苦しんでいます。
親権を決める時に土下座をされて自由に会える事を条件に親権を譲ったのですが、なかなか会わせてもらえず暴言を吐かれて精神的に落ち込み、生きている意味がないと、死にたいと言っています。
なので、しあわせものさんのブログやTwitterがとても共感できて参考になります。そして、力になってます。

ゆうこさん、コメント有難うございます。私の別れた妻の名前もゆうこです。
びっくりしました~(笑)

ゆうこさん、今辛い状況ですね。お気持ちよく分かるつもりです。
私の両親もあんなに可愛がってくれたのに今は8年会わせてやれていない最中です。
ですが長男も大学生になり連絡をとれています。高校生の次男、中学生の長女ともラインで話せるようになっています。
スマホという文明の利器に感謝しています。
祖母の立場だと子供の心配と孫の心配でお辛い立場と察しがつきます。
私の両親も初めの数年は孫はどうしてるのか?と私に尋ねる事がありましたが今はあまり口にしません。
本当に両親には申し訳なく思っています。
私は、9年前に離婚しましたがゆうこさんの息子さんと全く同じ事情ですね。
妻の母親としての自覚を信じて簡単に親権を譲りました。
今や別れた妻は再婚し子供達は養子縁組されました。九州在住でしたがまさかの関西の人との再婚でした。
今は遠方に子供達はいます。

離婚から9年。今もあの時どうすればよかったのか?
考える日々は続いています。
妻と離婚した時、再婚した時。
怒り狂った時期がありましたが時間薬のおかげか、
今は死にたいという気持ちはなくなりました。

家庭裁判所での調停 法テラスでの弁護士との相談 弁護士への依頼
九州での親権調停。兵庫県での面会交流調停。
いろんな経験をしてしまいました。

この問題は、それぞれ諸事情が違うので答えがなく
良きアドバイスも出来ませんが。
私の経験がお役に立てれば参考にしてください。
そのつもりでこのブログを立ち上げましたから。

僕は当初から「子供の成長を信じていました」
この気持ちだけが僕の原動力です。
刻一刻と状況は変わります。
希望は捨てないよう息子さんにお伝えください。
ゆうこさんもお体ご自愛ください。

もしよければツイッターからDMもらえたら嬉しいです。
今後とも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
宝物
幸せもの
1975年7月31日生まれ。子供達と離れて暮らす父親。離婚後数年して元妻が再婚。平成30年4月に子供達は遠方へ行ってしまいました。子供達が困った時の灯台になる為、日々奮闘中。[家族] [子供] [資産形成]について発信します。家族について悩んでる人や離婚後の生活について困ってる人のお役に立てれば幸いです。