子離れと理想の父親像

展望台からの景色

大切な家族

子離れ親離れ

子供達と離れて暮らすようになって
もう8年になります。

離婚当初は子供達も小学生でした。
今は、高校3年と1年、中学2年。
思えばずいぶん大きくなったものです。

僕の中学高校時代を思い出せば
部活や学校のテスト、友達との
交流と親の知らない自分の世界がありました。

反抗期の時期ですね。
自分の事で精一杯でした。

離婚して元妻の再婚が決まるまでは
僕のところに喜んで泊まりに来ていた
時が懐かしく思います。

寂しいですが、子供達も
成長しているんだと感慨深いです。

僕がそうだったように
親とは自然と距離ができる年ごろです。

もう親と遊ぶどころか一緒にいるのも
恥ずかしい時。

きっと子供達も同じだと思います。

同じ道を通ってきた男として
理解できるような気がします。

当分、父親と遊ぶなんて事はないだろうな。

次は早く子供達が大人になって
僕とお酒が飲めるように
なりたいと思います。

そして恋人の話を聞かせて欲しい。

パパの恋愛相談は
 為になるぞ!
ってね(笑)

例え離れていても子供達の
成長過程を見届けたい。

元妻の再婚で、もう
「子供達と会わないほうが

良いのか」
と考えた自分が恥ずかしいです。

子離れ、難しいですね。

理想の父親像

人それぞれ性格が違うように
親にもいろんな形があっていい。

離婚していても父親ができるのか?
養父がいる子供達とどのように
接すればよいのか?

元妻の再婚からずっと考えています。

離れていても
一生懸命な父親の姿を
見せていきたい。

離れているからといって
父親であることを

諦めたくない。

今は年に1回程度しか会えないのに
元気のない冴えない父親の顔なんか
子供達も見たくないですもんね。

子供達と会えた時いつも言う事があります。
別れ際に言うお決まりになっています。

「なんかあったら連絡しておいでや」

子供達が困った時に
助けを求められる
「灯台」でありたいのです。

灯台

クリスマスで思う事

この時期になると必ず思い出す
クリスマスの思い出があります。

4歳の長男にサンタさんに
プレゼントは何が欲しいって言うの?
と聞いたところ
「お家が欲しい」って言ったのです。

その頃は市営団地に住んでいたので、
一戸建ての広い家に住んでる
友達が羨ましっかったのでしょう。

その時、今まで以上に仕事を頑張って
収入を増やして子供達と
大きな家に住みたいっていう
夢が出来ました。

その夢は叶えられましたが
皮肉なもので、その家に子供達と
生活したのは4年ぐらい。
今は一人暮らしです。

笑い話にもなりませんね~(笑)

3人の子供達が成人するのを
見届けたら次は
景色の良いマンションの最上階に
住んでやる!

もしかしたら3人の子供達の誰かが
故郷に戻ってきて僕と暮らすように
なるかもしれない。

そんな幸せな未来を想像しながら
今はこの家を大切にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
宝物
幸せもの
1975年7月31日生まれ。子供達と離れて暮らす父親。離婚後数年して元妻が再婚。平成30年4月に子供達は遠方へ行ってしまいました。子供達が困った時の灯台になる為、日々奮闘中。[家族] [子供] [資産形成]について発信します。家族について悩んでる人や離婚後の生活について困ってる人のお役に立てれば幸いです。